車両運行管理履歴を活用し、各種帳票を自動作成することも可能

ドライバーの管理業務の問題は日々起きているもので…
今回ご紹介する事例も、
弊社に相談があった「ウソのようなホントウ」の話です。

 

 

 

効率的なルート走行が行えていないC社様

 

 

 

問題はまだ続きます…ドライバーは日報の作成負荷が大きい。

 

 

 

 

基地局がドライバーを管理する上で、
最も求められる課題とは
常に「業務の効率化」です。

 

 

では「業務の効率化」とは、
いったい何でしょうか?

 

 

その言葉を定義付けるのは
非常に難しいことかも知れませんが、

このように定義付けてみましょう。それは、

 

 

時間短縮」・「経費削減」・「作業の簡素化」です。

 

 

つまりこの物語で言うところの、
他社との連携がとれず時間にロスが生じる
ドライバーの日報作成の負担ですよね。

 

 

そこでこちらの会社様では
これらの問題を解決するべく
リアルタイムGPS車両管理システム(TMS-1)を導入したのでした。すると、、

 

 

 

「時間短縮」・「経費削減」・「作業の簡素化」を実現!!

 

 

 

 

リアルタイムGPS車両管理システム(TMS-1)を導入したC社様の今度の展開とは!?

 

リアルタイムGPS車両管理システム(TMS-1)を導入したC社様の声

 

 

「車両のメンテナンス情報を取得できる
 機能が付加されたら、
 車両の整備に活用できるので、
 事前予防も行えるので検討を行いたい」

 


「車載端末からの位置情報送信間隔を
 今より短くしてより詳細な位置把握で
 管理を行っていきたい」

 

 

そのように話されております。

 

 

リアルタイムGPS車両管理システム(TMS-1)のことを、
お知りになりたい方は、、

下記の伊藤さんをクリックしてください^^

移動体IoTのことなら、データトロンにご相談ください。