機器間の連携がスムーズに行え、ユーザーの要望にも柔軟かつスピーディーに対応

これからの物語は弊社に相談を受けた「ウソのようなホントウ」の話です。

 

 

このような問題を経験したことはありませんか?

 


車両の稼働状況が直ぐに分からないB社様の事例

 

 

更に燃費にバラツキがあり経費にも影響があったのです。

 

 

ドライバーの管理業務において、
リアルタイムで運転状況の“見える化”を実現させ
運送コストを大幅に削減することは改善の努めです。

 


しかし…

 

 

そんなに簡単に改善できないのが現実ではないでしょうか。

 


そこでこちらのお客様は、
リアルタイムGPS車両管理システム(TMS-1)を
導入することに決めたのでした。

 

 

すると、先ほどまでの問題がウソのように…

 

 

 

このような問題は車両を管理する基地局では
毎日起こっている出来事です。

 


お客様から問い合わせが来ているにもかかわらず、
直ぐに車両の稼働状況がわからずクレームになる。

 


ドライバーの運転技量不足による事故や違反が多発。
また頻繁に起こす急発進・急ブレーキなど
「お客様の商品を預かっている」という意識の低さ。

 


これらはすべて業務効率を妨げその結果、
利益率の低い仕事となり生産性が悪化している事実を、
なんとか改善しなければなりません。

 

 

そんな時にリアルタイムGPS車両管理システム(TMS-1)は最適

 


実際にこちらの会社様も、
リアルタイムGPS車両管理システム(TMS-1)を
導入したことでこれま問題であった、

 

 

機器間の連携がスムーズに行え

ユーザーの要望にも柔軟かつスピーディーに対応する

ことができたのです。

 

 

これはほんの一例にしか過ぎません。

 


リアルタイムGPS車両管理システム(TMS-1)の
問題解決事例は…まだまだ続くのでした。

移動体IoTのことなら、データトロンにご相談ください。