除雪管理システム

 

除雪車の運転手向けには、除雪の注意ポイントを通知して安全な作業をアシストし、事務所側ではオリジナルマップにより除雪車の位置と作業状況を分かりやすく画面に表示します。 また、除雪が必要な箇所や道路損傷箇所など、市民からの情報に迅速対応する双方向管理により業務をバックアップします。 専用の車載端末でもスマートフォンにも対応し、日報などの帳票類のカスタマイズにも対応した、現場で使えるシステムです。

 

 

車載端末画面

 

地図1

 

地図2

 

 

 

 

導入のメリット

 

 

安全作業の向上

アシスト機能により経験が少ない運転手の業務をサポートし、熟練者不足もバックアップします。 あらかじめ注意が必要なポイント(歩道の縁石、マンホールなど)や視認性が悪い箇所などのランドマークを登録して、ドライバーへ通知を行うことで、作業中の事故や除雪車の損傷を低減し、安全性の向上とともに経費の削減につなげます。ランドマークの登録は画像情報などを活用して、効率的に行います。

 

 

除雪業務の可視化

オリジナルマップを用いて除雪作業の状況が直ぐに把握でき、市民向けにも車両位置や作業状況を公開できるため、一目瞭然の業務管理が可能となります。 また、効率の良い除雪を実現することにより、交通渋滞や通行止めをあらかじめ抑止する効果も期待できます。

 

 

道路維持管理のサポート

道路損傷など異常箇所の画像データと地図のリンクを行って対応状況を管理し、市民からの声に対して的確で迅速な道路の維持管理作業の対応をサポートします。 また、情報はデータベース化して保存し、過去の履歴確認や、今後の予測を行うためにも活用できます。

 

 

移動体IoTのことなら、データトロンにご相談ください。